Return to site

蒲田ミライ会議はじまりました!!

4月29日(金・祝)

蒲田ミライ会議のスタートアップイベントとして「蒲田散歩のススメ」を実施しました。

参加者同士で街を歩き、普段とは違った「目線」で街と接する事によって初めて歩く人も、

何度も歩いている人もより深く街を知ることができ、それによって街に対する「愛着」とは何か?を考える試み。

当日は16名の方に参加して頂きました。

まずは今日の街歩きに対する狙いや、外部の目線ではなく街の中に入りそこに暮らす人の目線で見る、という手法を紹介し、そのあとちょっとしたアイスブレイクを交えながら街を歩くチーム分けを行いました。

そして、街歩きの目線を切り取る為に今回使ったのが今から40年以上前に作られたポラロイドカメラ。今まで使った事のない珍しいカメラで、街を写真で撮る事を楽しく、かつ大事に感じられる様に使用しました。使い方も、撮り方もちょっとコツが要りますがとても味のある写真が撮れます。スマホなら何枚でも何回でも撮り直しができるのが当たり前ですが1人3枚まで、というルールで、皆さん直観に委ねてどこを撮ろうか?というのを考えてもらいます。

いざ蒲田の街へ。

かつての映画の街の始まりの場所からスタートし、東京で唯一の屋上観覧車や昭和の香りの残るアーケードなど蒲田駅周辺のポイントをワイワイしながら周っていました。

戻って、皆で散歩の様子を話したり写真を見ながらお弁当を食べて、その後は街歩きを振り返るワークショップ。

模造紙に今日歩いた蒲田の街をマジックやマスキングテープ、撮ってきたポラロイド写真を使って再現、チームごとに特色が出ていて、チーム間で見比べる中でも色んな会話が生まれていました。

歩く街に対する背景を知りながら、街を中から見る。普段なら簡単に通り過ぎてしまう風景がストーリーとして自分に入ってくる。街歩きを自分ごととするで街に対する「愛着」とは何か?を体験して頂きました。

蒲田ミライ会議はまだ始まったばかり、今後はこの蒲田という街を中心に参加者同士の対話の場と実践の場を交えながら活動を継続していきます。改めて、、、蒲田に住んでいる人、住んでいた人、通勤通学している人はもちろんまだ蒲田に来たことのない人も大歓迎。

「愛着」と「何かやってみたい」という気持ちが参加資格です!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly